悪魔のように細心に、天使のように大胆に

GOOD BYE APRILベース、延本文音のブログ

マグロをフライしたやつ

こんばんわ。

風邪からやっと復活しまして。

 

当たり前ですが、健康第一ですね...。

きっちり管理せねば、です。

 

もともと食べることに全く興味のない私。

と言うよりも、なんでも美味しく感じられるので、別になんでもいい。

むしろお腹が空くから食べたいのであって、お腹が空かないと食べないでもいい。

何かにカーッと集中してしまうと全く食べなくても平気になっちゃって、終わってからフラフラに。

そんな!アホ!ボケ!クズ!

ということで、最近ちゃんと自炊してます。

まぁまぁ、かな...笑

 

そんな「ナンプラーって何?」ってくらい食音痴な私ですが、色んな人とご飯に行くことによって、食を発掘しています。

今日はしなまゆのモリユイとご飯を食べに行って、「マグロをフライにしたやつ」をお勧めしてもらって食べました!

 

とっっっっっっても!おいしかったです!(語彙力)

 

周りの皆さんに感謝感謝です...!

 

好きな食べ物はお寿司

好きな飲み物は炭酸水

好きなおやつはマーブルチョコ(オマケのシール集めてるのでいらない人ください)

好きなカツはマグロをフライにしたやつ

 

まで決まりました。

どんどん埋めていきたいと思います。

 

 

 

さてさて、ご無沙汰ブログだったので。

歌詞解説の続きですね。

「ニューフォークロア」後半戦です。

私が書いたやつだけです。

 

6.ターナー

この曲ができた時から、真っ黒な空、真っ黒な大きな山、真っ黒な風、真っ黒な線路に真っ黒な蒸気機関車

その中を小さな火を片手に旅をする、真っ黒な旅人がイメージできました。

人を拒む自然と、簡単に追い越してゆく人々。

その機関車に追い越された時の一瞬をイメージして書きました。

もし自分の人生が一片の物語だとしたら。

その作者はなんて意地悪なやつなんだと、小さい頃から思っていました。

「売れない物書きの頭の中みたいな夜」何でもない日々をただただ次のページへめくるために進み続ける。

自分の物語はきっとこれからだと信じて。

『好みを詰め込みまくりソングシリーズ』です!

 

9.ラストダンス

イメージは渋谷のスクランブル交差点です。

人の足音がタップのリズムに聞こえたことがこの曲の始まりです。

冒頭の「綺麗事嫌いの綺麗事ばかり」は、とりあえず歌詞の内容関係なく、私がその時一番思っていたことを言いたくて書きました。

人の綺麗な心を「綺麗事」で済まそうとする、それこそが「綺麗事」。

「綺麗事」とは諦めた人が使う言葉なんです。

努力も誠実も善意も、一生懸命に向き合って生きている人は美しい。

それを指差して笑うだけ、そんな人に傷つかないで、自分の生きたいように生きて、と思って書きました。

「自分らしく」実はその言葉が一番の呪縛で。

人と同じものが好きでも、そんな事どうでもいい。

辛くても悲しくても、ここが終わりじゃない限り、死ぬまで人生の答えは分からない。

辛くても最後は笑えてくるかもしれないし、幸せだったと思っていても、最後何か虚しくなるかもしれない。

なんかそう思うと、私は生きる勇気が湧いてくるんですよね。

 

10.太陽

FMさくだいらの高校野球中継のテーマソングとして歌詞を書いた曲。

この曲にはストレートに、風!とか、空!とか、未来!って言いたかった。

「太陽」ってタイトルが気に入っています。

エイプリルは野球が似合うと思ってます。笑

 

11.プロポーズ

倉品と共作です。

倉品が書いてきた筋書きに、サビを私が書きました。

二番のサビが特に気に入ってます。

あ、この人とずっと一緒に居よう、とか居たいってのは、何気ない瞬間に思うのかなと思って書きました。

 

13.キレイ

とある友人がいて、その友人と恋人の話を聞いていて。

その恋人が何ともお世辞にも良い奴とは言えなくて。

でもその友人が「それでもその人のことが大好き」と言っているのを聞いて、なんてキレイなんだろうと思って書いた曲です。

「答えの要らない人生を歩きたい 君はその中で出会った問いかけ」

歌詞を書いてきて、一番好きなフレーズです。

答えも意味もない人生を生きようと思っても、出会った人々が問いかけてくれる。

そして答えを出しながら生きてゆく。

この「ニューフォークロア」と言うアルバムは、「出会ってきたこと」で作ることができた一枚でした。

バンド人生の出会い、全てがこの作品に繋がり、この作品からまた沢山の出会いに繋がって行きました。

何時聴き返しても新しい発見をくれる作品です。

 

f:id:enmotoayane:20170923024354j:plain

 

お馴染みとなった井上絢名との、ジャケットとしては初タッグのこの作品。

古き良きと、現代をつなぐ、そして自分を指をさして「これからは私達の出番」と言う意味を込めてます。

この黄緑とピンクの絶妙な感じといい...さすが井上先生!

 

 

ふう!

 

さてさてです。

ついに10月です。

ワンマンまであと2か月です!

下北沢GARAGEは半分折り返しました!

まだまだまだまだ頑張りますよっ!

 

1日しか行けない!って方も安心してね。

1日でも全然楽しめる内容にします!

 

10月はライブラッシュ!

チケット持ってあっちこっちでライブします。

私の10月は歌詞書いて練習してあれ作ってあれを作って...

楽しい日にするよう死ぬ気で頑張ります!(体調気にしながら)

みなさん是非是非お越しください!

 

goodbyeapril.wixsite.com