意味がなくてもいい事柄

GOOD BYE APRILベース、延本文音のブログ

スロウハイツの神様

とっても久しぶりのブログになってしまいました。

 

今日は演劇集団キャラメルボックスの舞台『スロウハイツの神様』を観劇してきました。

一年半ぶりの再演。

今回もエンディングに、『明日はきっと少しだけ』という曲を使ってもらってます。

前回は原作も何も読んでない状態で。

その後原作を読みました。

そして今回は、最初からそれぞれの登場人物の名前も全部知ってる状態で観ました。

 

それぞれの愛し方があるって、とっても苦しい事だな。

伝わらなくても貫く姿、その不器用さが、役者さんのさりげない仕草から伝わってきて、それを目にする度ぽろりと涙が溢れました。

環の生き方、挫けそうで、曲がってしまいそうで、だけど戦って、いつもまっすぐまっすぐな生き方が、本当に苦しくて。

だけどなにより眩しかった。

この眩しさは、なんだろう、初演よりとってもとっても眩しかったです。

もう舞台にコウちゃんと環がいるだけで泣けた。笑

あぁ..思い出すともう一回観たい。

またあの世界に触れたくなります。

 

前回は途中までエンディングは違う曲だったので、実際『明日はきっと少しだけ』が流れるのを聞くのは初めてでした。

この曲を作った時とまるで違う、この曲なりにこのお芝居を解釈した様な歌詞に聴こえて、目から鱗

曲の新しい表情でした。

歌詞もとてもいい所をいい場面で使ってもらえて、特にお芝居があの曲の部分で終わるのがなんとも作家冥利に尽きるというか...。涙

曲が一人歩きして、別の作品の一部になること。

何度経験しても、本当に嬉しいです。

いつも素敵に使っていただいて、本当にありがとうございます。

 

今回は原作ファンの、シンガーソングライターのコレサワことコレちゃんと一緒に行きました。

コレちゃんにキャラメルの舞台を観てもらえて、とても嬉しかった!

二人して号泣して目を真っ赤にしてハンバーグ食べて帰りました。

 

東京は31日まで、大阪は4/5〜4/7までです。